西田文郎「要の人間との付き合い」

banner02
いいため話 手をつなぐ
画像:http://free-photos.gatag.net/

私は若い頃、人生の師に、成功するための人との付き合い方を教えられたことがある。

そのときに、いただいた言葉が「要(かなめ)の人間との付き合いを大切にしろ」というものだった。

人間関係の中には、要になる重要な人物が必ずいるものだ。

強運の持ち主になりたければ、まずその要の人間を大切にしなければならない。

たとえば、扇子の中心には要がある。

この要がはずれると扇子はバラバラになる。

人間関係もこれと同じなのだ。

愚かな人間は、この重要性をわかっていない。

要を大切にせずに、新しいもの、派手なもの、目立つものを好んでしまう。

そういう表面的な人間関係を続けていると、その人にせっかく成功する素質があっても、いずれ必ず人間関係でつまずいてしまうものだ。

私は若い頃から師の教えを忠実に守り、要の人物を大切にしてきた。

今、自分の人生を振り返ってみても、師の教えは正しかったと断言できる。

あらためて師の言葉を贈ろう、要の人間を見極めてその人とじっくり付き合うんだ。

引用:西田文郎 著
『究極の成功思考』インデックス・コミュニケーションズ