開運の作法「運が良くなる秘訣」

いいため話 化粧
画像:http://free-photos.gatag.net/

ある日、ふと気づいたのです。

運が良くなる秘訣というものが“ある!”と。

しかも、それは「特別な秘策」などではなく、むしろ何気ない毎日の行い、「作法」とその人を取り巻くエネルギーによって決まってしまう、ということがわかってきたのです。

運の悪い人に限って、何も意識せずに悪い作法をくり返し、ますますエネルギー状態を悪くしていることが多いのです。

それでは、わざわざ悪運を招いているようなものです。

逆に、運のいい人は、ふだんから良い作法をくり返しているため、エネルギーの状態が良く、「ツイてる人」になるというわけです。

たとえば、通勤電車の中でお化粧をしたり、おにぎりやパンを食べたり、道ばたやコンビニエンスストアの店先に座り込んだり。

近年、公共の場でのマナーというものが、すっかり忘れられているように思われて残念です。

なぜなら、そんなことで運気を下げている人が、ほんとうに多いからです。

かつては、公衆の面前での振舞いには、親のしつけが表れると言われていました。

親は子どもに「みっともないことをするんじゃないよ!」といって、厳しくしつけたものです。

「みっともないこと」とは、「見とうもない」、つまり、「見たくもない」ということ。

見たくもないことをしている人というのは、周囲の人からの反感を買います。

見たくもないことを見せられているのですから、不快に思って当然ですよね。

つまり、不快感を抱いた周囲の人によるマイナスエネルギーを、それこそシャワーのように浴びているようなものなのです。

「みっともない」ことは運気を下げるのです。

引用:清水祐尭 著
『風水・占いよりすごい! 開運の作法』現代書林