ミラー細胞「2007年 甲子園で優勝した佐賀北高校」

いいため話 野球
画像:http://www.asahi.com/

相手が「ありがとう」と言ってくれたら、自分も「こちらこそ、ありがとう」という気持ちがわいてくる。

そうさせるのが「ミラー細胞」というわけです。

このニュースを聞いて、私は2007年、夏の全国高校野球大会で優勝した佐賀北高校のことを思い出した。

佐賀北高校は勉強に熱心な県立高校で、チームも全国から野球のエリートを集めて作ったわけではありません。

そんな普通の高校が甲子園で優勝したということで、全国から大きな喝采を浴びました。

驚いたことに、その佐賀北高校、試合中に相手チームをほめるのです。

たとえば、相手がカーンとヒットを打ったとします。

すると佐賀北の一塁手が、塁に立った相手走者にいうのです。

「ナイスバッティング」

二塁打を打った相手には、二塁手が「素晴らしいですね」とほめます。

一方、打撃に入って三振を取られると、相手のピッチャーに「ナイスピッチング」と声をかけます。

普通はこんなことは絶対にしないでしょう。

結局、佐賀北は大会で一度も負けていません。

当たり前ですが優勝するということはそういうことです。

一方、負けたチームも負けたのは1回きりです。

甲子園にはそういうドラマがあります。

1回しか負けていなくても、それで終わりなのです

だから負けた方はずいぶん悔しい思いをしたはずです。

しかし、佐賀北と対戦して敗れたチームはみな佐賀北のファンになってしまったのです。

そして勝つたびに佐賀北は多くの応援者をつけ、県立高校としては11年ぶりの、甲子園全国優勝を果たしたのです。

引用:涙の数だけ大きくなれる
木下晴弘著
「ミラー細胞と佐賀北高校」