乞食の天使のストーリー

いいため話 天使
画像:http://free-photos.gatag.net/

「乞食の天使」

いつもよく働く靴屋のもとへ、あるとき、天使が現れました。

乞食の姿になって・・・。

靴屋は乞食の姿を見ると、うんざりしたように言いました。

「おまえが何をしにきたかわかるさ。

しかしね、私は朝から晩まで働いているのに、

家族を養っていく金にも困っている身分だ。

ワシは何も持ってないよ。

ワシの持っているものは二束三文のガラクタばかりだ」

そして、嘆くように、こうつぶやくのでした。

「みんなそうだ、こんなワシに何かをくれ、くれと言う。

そして、いままで、ワシに何かをくれた人など、いやしない・・・」

乞食は、その言葉を聞くと答えました。

「じゃあ、私があなたに何かをあげましょう。

お金にこまっているのならお金をあげましょうか。

いくらほしいのですか。

言ってください」

靴屋は、面白いジョークだと思い、笑って答えました。

「ああ、そうだね。じゃ、百万円くれるかい」

「そうですか、では、百万円差し上げましょう。

ただし、条件が1つあります。

百万円の代わりにあなたの足を私にください」

「何!? 冗談じゃない!この足がなければ、

立つことも歩くこともできやしないんだ。

やなこった、たった百万円で足を売れるもんか」

乞食はそれを聞くと言いました。

「わかりました。では、千万円あげます。

ただし、条件が1つあります。

一千万円の代わりに、あなたの腕を私にください」

「一千万円・・・!?

この右腕がなければ、仕事もできなくなるし、

可愛い子どもたちの頭もなでてやれなくなる。

つまらんことを言うな。

一千万円で、この腕を売れるか!」

乞食はまた口を開きました。

「そうですか、じゃあ、一億円あげましょう。

その代わり、あなたの目をください」

「一億円・・・!?この目がなければ、

この世界の素晴らしい景色も、

女房や子どもたちの顔も見ることができなくなる。

駄目だ、駄目だ、一億円でこの目が売れるか!」

すると、乞食は靴屋をじっとみつめて言いました。

「そうですか。

あなたはさっき、

何も持っていないと言っていましたけれど、

本当は、お金には代えられない価値あるものを

いくつも持っているんですね。

しかも、それらは全部もらったものでしょう・・・」

靴屋は何も答えることができず、

しばらく目を閉じ、考えこみました。

そして、深くうなずくと

心にあたたかな風が吹いたように感じました。

乞食の姿は、どこにもありませんでした。

引用:中井俊已 著
幸せに気づく