禅的老い方

banner02
老い いいため話
画像:https://publicdomainq.net/

江戸時代の臨済宗の僧、翠厳(すいがん)禅師の言葉に、

「我心(がしん)を忘ずるは、即(すなわ)心仏となる」がある。

「我心」とは、自分だけの利益ばかりを考える心だ。

自分だけが得しよう、自分だけが豊かになろう…。

すると、どうしても、日常生活すべてが、自己中心的となる。

なにかを話すにしても、自分の考えでしか、人と話せない。

相手の意見が、まったく、読めない。

「わたしは、人のためばかり思っている」なんていっているが、じつは、自分だけの考えで、自分のエゴで、人のためと思っているだけだ。

相手が、「いい」と思っていることを、応援して、手助けしてやる。

そこではじめて「人のため」の行動が、とれる。

老いて注意する点は、ただひとつ。

自己中心の考えや、自分の考えだけによる取捨選択の、いっさいの行動を捨て去ることだ。

けっして、むつかしいことじゃない。

こっちの意見をいう前に、相手の考えをよく聞いてやることだ。

「こうしろ」という前に、「こうしてほしい」といわれたら、誠心誠意尽くしてさしあげることだ。

少なくとも、禅的に生きたいなら、ここが、肝心かなめの点だ。

「自分のためにやる」

「自分が得するためにやる」

若いうちは、それでいい。

が、老いてきたら、得るものは、決まってくる。

得ようと思ったって、かぎりがある。

禅的老い方の基本は、第一に「他利(たり)」である。

もし、禅的に老いたいなら、「自分のため」は、あとまわし。

相手がよくなるように、相手が喜ぶように、相手の考えや趣向をよく理解したうえで、「この人のため」に行動を開始する。

その修練を徹底的に実践する。

じつは、そのことが、いちばん、自分のためにもなる。

なかなかできない。

それは、わかりきっている。

できなくても、できなくても、つづけていく。

例えば…。

若い人の意見を、よく聞く、聞く、聞く…。

オーソリティの意見ではない。

学者の意見でもない。

名高い評論家の意見でもない。

若い人だ。

若い人の意見をひざまずいて、合掌して聞く、聞く、聞く…。

いやなことだ。

おもしろくないことだ。

若い人の意見を聞いているうち、「なにっ。オレをだれだと思っているんだ!なめるな!」という気持ちになるのは、よく、わかる。

が、そこが、こらえどころだ。

ガマンにガマンをして、「うむ。なるほど、よくわかった」…と。

若い人の意見どおりに、行動しなくてもいい。

ただ、「わかった」と、まず、しっかりと、その意見を誠実に認めてあげることだ。

若い人の意見を、「なるほど、いいことをいうね」と、素直に受け入れて、「参考にさせてもらうよ。ありがとう」と、もし、いえるような自分になったら、老後の人生は、パッと開ける。

老後すべての生活に、春が、来る。

花が、咲く。

『禅的老い方』三笠書房