【不思議】心と体は一緒!?想いが体に現れる瞬間

banner02
画像:http://free-photos.gatag.net/

終戦後、日本人は多くの大切なものを失いましたが、その中でも大きなものの一つは「感謝の心」です。

利己的で、自分さえ良ければ他人の迷惑などどうでもよく、自分の不幸をすべて他人のせいにして、感謝の心などみじんも持たない人が多くなりました。

私は、長年医者として患者さんを診てきましたが、いつも体のどこかに不調を訴え、病気が治らないことに対して不平ばかりいっている患者さんがあります。私はいつも、

「あなたは自分の体に感謝したことがありますか。

生まれてから今まで、年中無休、身体の細胞は一秒も休まずに外敵からあなたを守って働いてくれているのに、ご主人さまがそのことを全然認めないで不平不満ばかりいっていたら、細胞だって怒って働く気力を失いますよ。

今日から毎日『身体の細胞さん、今まで感謝を忘れ、不平不満ばかりいってごめんなさい。毎日働いてくれてありがとう』と全身を手でなでながら感謝しなさい」といっています。

交通事故で体に傷跡や変形を残した患者さんの回復形成手術を行う機会も多かったのですが、いわゆる加害者を恨(うら)んで悪口ばかりいうような人は、手術をしても良い結果は得られませんでした。

人を憎んだり非常に辛い思いをしているときには、レントゲンで見ると、腸がねじれたり、亀裂があったり、文字通り「断腸の思い」なのだそうです。

「はらわたが煮えくり返る」くらい立腹しているときは、実際に胃腸の粘膜が真赤に充血しているのです。

感謝の心のない生活に真実の健康は存在しません。

幸福が与えられたから感謝するのではなく、感謝するからこそ幸福が与えられるのです。

このことに気づかない人が多いようですが、感謝には、理屈や理由は不必要なのです。

光が凸凹の面で反射するのを乱反射というのと同じく、いろいろな理由をつけての感謝は乱感謝です。

光が鏡のような平面で反射すると全反射し、ピカッと光って眩しいように、理由のない全感謝が真実の感謝なのです。

引用:葉室頼昭 著
『神道 感謝のこころ』春秋社