弁護士が知る「運がいい生き方」

banner02
笑う いいため話
画像:http://publicdomainq.net

弁護士をしていますと、たくさんの争い事のご相談を受けます。

その大元には恨みの気持ちがあることも多いようです。

恨みというのは厄介で、近しい人ほど恨んでしまう。

ことに、自分の親兄弟のことを、なぜか恨んでいらっしゃる方は珍しくない。

でも、恨みは良くないと思うのです。

なぜなら、恨みは運を遠ざけるからです。

逆に、恨みを消すと、不思議と運が良くなるようです。

例えば、会社の社長さんをしている70代のある依頼者と、商売に関するご相談を終えたあと、ふと、こんな話になりました。

「実は、私は早くに母親を亡くしましてね」

「母親は35歳のまだ若いときに、病気で急に亡くなったんです。

私は12歳でした。

小さい子供でしたからね、本当につらくて…」

親御さんが亡くなったのは、昭和30年(1995年)頃です。

まだ日本は貧しい頃ですし、経済的にさぞ苦労なさったろうと想像できました。

「それから若い頃まで、あまりにつらい時期が続きましてね、私は母を恨むようになったんです。

『こんなにつらい目に遭うのは、母親が親らしいことを何もしてくれなかったからだ』そう思って生きていたんです」

無理もない。

昭和のあの頃を思い出しながら、考えていました。

ところが、その人のつらそうな顔が、ここで変わったのです。

「母の27回忌で、叔母がこんなことを言ったんです。

『私のお姉ちゃん、あんたにはお母さんやな、最期の最期まで、皆に言うてたんやで。

うちの子を頼みます。

自分はもう何も食べれないほど体が弱って、頭かて朦朧(もうろう)としてたはずやのに。

もう自分の横にいるのが誰かもわからん状態やったろうに。

お医者さんやろうが看護婦さんやろうが、私やろうが、もう自分の近くにいる皆に、あんたのことを頼み続けてた。

うちの子を、うちの子を…。

ずっと、何度も何度も、そう言いながら死んだんやで』

それを聞いて、突然わかったんです。

母に死なれて小さな子供だった私は、確かにつらかった。

でも、そんな小さな子供を残して死ななければならなかった母は、私の何十倍も何百倍もつらかったに違いない。

やっと、私は自分の親不孝に気づいて、心から詫びました」

その人は泣いていました。

私も涙が止まりませんでした。

叔母から聞いた話をきっかけにして、母への恨みが消えた後、その人は会社経営を成功させました。

そして、今では幸せな人生を送っているわけです。

母親の恩に気づいたことが、運を変えたのだと私には思えました。

『運の良くなる生き方』東洋経済新報社