運を動かそう

運 いいため話
画像:http://publicdomainq.net

自分が自分のことを信じていなければ、誰が自分のことを信じてくれるでしょうか?

根拠のない自信でもいいのです。

自信のための自己投資ほど自分に返ってくるものはありません。

誰よりも自分で自分を応援しましょう。

好きなアイドルのために、徹夜してライブに並んで、すべての曲を購入して、ファンクラブに入り、情報をネットで集めたりする人もいます。

このエネルギーを自分自身に使うことが大切です。

当たり前ですが、自分の人生の主人公は自分です。

自分を応援して、時間を自分の人生のために振り分けたほうがいい。

自分の財産は自分自身です。

そのための自己投資を365日毎日、生きている年数、続けることで、たとえどんなことが起きても自分で対応することができるようになります。

そして、仲間も自分の財産の重要な一部です。

所属している会社から離れたときに自分にどれだけの人がついてくるのか?

それがポイントです。

地位をなくしても、肩書がなくなっても、自分というブランドと特徴があればまた頑張ることができる。

そこに仲間が加われば、怖いものはありません。

そのような人は世界中のどこに行っても、どんな職種・職業でも怖いものはないはずです。

物質的なものよりも、学んで頭の中に入れた知識や、体験を通して得た経験こそが最も重要な財産になります。

『運を動かせ』ディスカヴァー