感謝とは

banner02
感謝 いいため話
画像:http://publicdomainq.net

感謝というのは、特別な「いいこと」にするものではなく、今あるものにすることです。

私には目があって幸せとか、鼻があって幸せとか、とにかく今あるものに感謝をする。手があって幸せとか、もうなんでもいいのです。

私はこの前、ちょっと怪我をして、足の裏の皮がむけました。足の裏の皮のことなんて、ふだんは感謝していないでしょう?

しかし、足の裏の皮は、非常に重要な部分。足の裏の皮がないだけで、すごい大変なことになるのです。

私も気がついていなかった。あの皮がないだけで、歩きづらいし、痛いし。

だから、感謝とは、今あるものにするのです。

感謝するようになると、ほんとうに自分の人生が光り輝いていきます。

不幸な人は、はっきり言いますが、感謝が足りていない。

たとえば、夏場には普通にクーラーをかけます。しかし、そんなクーラーでも、徳川家康だってかけたことがない(笑)。秦の始皇帝もかけたことがない。

ジンギスカンだって同じ。焼肉だって、ジンギスカンは暑いところで食べていた(笑)。

自分たちの周囲を見渡してみれば、今はほんとうにいろいろなものが家にある。しかし、今くらい感謝をしない時代はないように思います。

昔に比べたら、現代人は将軍様以上の生活をしています。でも、ずーっと不平不満を言っていて、まだこれがない、これがないと数えている。

感謝のない人は、ないものばかり数えるのです。

_______

普通はつらいよ

斎藤一人 著

マキノ出版