笑いがわかる人間になれ

banner02
ユーモア いいため話
画像:http://publicdomainq.net

ユーモア精神を身につけよ、とは、必ずしも、ジョークをポンポン飛ばしたり、ユーモア・パフォーマンスをなしたり、といったことだけを指すのではない。

これらはむしろ二義的なこと、あえていえば、どうでもいいことである。

第一義的に大切なのは、「ユーモアに対する感性」を身につけよ、ということである。

「笑いがわかる人間になれ」ということである。

落語についていえば、これを鑑賞できる人間になりましょう、ということ。

それさえできるなら、落語的なユーモアへの感性は身についていることになる。

みずから落語を演じることは、必ずしも必要ではないのである。

ただし、やりたい人、その才のある人は、大いになさるとよいわけであるが…

駄ジャレ一つ飛ばすことができないなら、それはそれでけっこうである。

ただし、ユーモリストたちの言行を、「おもしろいな」と思える人にはなりなさい。

それが、ユーモアへの感性があるということ。

「くだらんこと言ってやがる」としか思えないなら、あなたは笑いがわからず、“あそび”ができない、味もそっけもないクソマジメ人間ということになる。

ある表現を用いれば、「笑わせ屋」になる必要は必ずしもないが、「笑い屋」にはなりなさい、ということ。

双方ともになれるなら、もちろん、それに越したことはないが…。

人が笑わせようとしたのに笑ってやらないのは、ヘソ曲がりに非ずば、笑いの感性に欠けているのであり、どちらにしても欠陥人間なのであって、そのような人の人間関係がうまくゆかないのは当然である。

『「笑い」の力が人生をひらく』PHP文庫