【小林正観】この世の中の上手くいくエネルギー法則

banner02
画像:http://free-photos.gatag.net/

ある方から、

「『ありがとう』と口に出してはいても、心の中では反対のことを考えているときがあります。『ありがとう』とは言っているものの、心の中は言葉と裏腹で、『ふざけるな』とか『嫌いだ』と否定的に考えてしまうときがあるんです。否定的なことを心の中で思っていても、『ありがとう』と言っていれば、『神様』は味方になってくれるのでしょうか?」

と質問されたことがあります。

「心の中で思う力(想念)よりも、『口に出した言葉の力』のほうが、はるかに大きなエネルギーを持っています。

ですから、『よき仲間』を増やすには、心の中はどんな状態であれ、『ありがとう』と『口に出して言ったほうがいい』と思います。

たとえば「お蕎麦屋さん」に行ったとします。

「お蕎麦を食べるぞ、お蕎麦を食べるぞ、お蕎麦を食べるぞ…」と心の中で強く強く思い続けても、注文を取りにきた店員に「ラーメンをください」と言ってしまったら、その店員は、必ず「ラーメンを持ってくる」に違いありません。

喫茶店に行って、「コーヒーを飲むぞ、コーヒーを飲むぞ」と強く思いながらも「紅茶ください」と言えば、出てくるのは「紅茶」であり、コーヒーではありません。

ということは、「想念の力」よりも、「外に出た言葉の力」のほうが、はるかに大きな力を持っていることがわかります。

「想念の力」がゼロだとは言いませんが、「想念の力」を「1」とすれば、「言葉の力」は、「1万倍」にも「1億倍」にも「1兆倍」にもなります。

目の前に嫌いな人がいて、心の中では「この人は嫌いだ」と思っていながら、それでも「ありがとう」と感謝の言葉を口に出してみる。

言われた相手はきっと「感謝された」と思うはずです。

「このやろう」と言う想念を向けていたとしても、「ありがとう」という言葉のほうがはるかに強い。

腹の中が煮えくり返っていても「ありがとう、ありがとう」と言い続ける。

そうすることによって、まわりの状況を楽しめるようになるのではないでしょうか。

「私の人生は最悪。仕事も家庭もうまくいかないし、本当にロクな人生じゃないのよね」と言う人がいます。

何気なく言ったつもりでも、この言葉は、「あなたたちが私に不幸を与えている」「あなたたちのおかげで不幸になった」と言っているのと同じようなものです。

彼女の愚痴を聞いた人は、潜在意識の中で「最悪な人生の一部を私たちが担っているんだ。私たちは、この人の不幸の原因になっていたんだ」と思い、シュンとしてしまうでしょう。

愚痴や泣き言を言うことで「人生を評論している」つもりかもしれませんが、結果的には家族から、友人から、神様から仏様から、すべてを敵にまわす(味方になってもらえない)ことになります。

いつも「ツイてる、ツイてる」と口にしている人のそばには、明るく、楽しく、元気な人がたくさん集まってきて、「よき仲間」に囲まれるようになります。

反対に愚痴ばかり口にする人のそばには、暗い人ばかり集まってきます。

類は友を呼び、明るい集団はどんどん明るくなり、暗い集団はどんどん暗くなります。

引用:小林正観 著
『もうひとつの幸せ論』ダイヤモンド社