ドーパミンとオキシトシン

温泉 いいため話
画像:http://publicdomainq.net

脳の仕組みを知ると、幸せになるのは大きく二つの方法があることがわかります。

一つは、目標達成や夢の実現によって得られる幸せで、これをドーパミン的幸せと呼びます。

もう一つは、オキシトシン的幸せで、親切やふれ合いによって得られる幸せです。

ドーパミン的幸せには、得られたときの喜びや快感が大きいという特性があります。

大好きな野球チームがサヨナラ逆転満塁ホームランで勝ったりしたら、それこそ大喜びでしょう。

また、一生懸命に勉強してきて、第一志望の大学に合格したときなどの喜びもこれに当たります。

しかし、このドーパミン的幸せは長続きしません。

そのうえ要望がエスカレートして、今日も勝ったのだから、明日は連勝だ、と他者との競争のためにストレスにさらされるなど、マイナス面もあります。

一方、オキシトシン的幸せの方は、他者とのふれ合いや思いやりから生まれます。

電車でお年寄りに席を譲ると、譲った方にも譲られた方にもオキシトシンが分泌されます。

親切にされた方ばかりでなく、親切にした側にもオキシトシンが出るのです。

そして、こちらは、ほんのりと長続きする喜びです。

(中略)

ドーパミンとオキシトシンは、どちらも人間にとっては欠かせないものです。

両方の特長を知り、上手に取り入れていきたいものです。

私は、人は自分のなかにあるものが外に出てくると考えています。

もし、皆さんが自分のことを幸せだと感じているなら、その人からは、“豊かさ”や“やさしさ”や“思いやり”が出てくるはずです。

_______

笑育のすすめ

百瀬和夫 著

HS