デキる人たちの仲間に入る

仲間 いいため話
画像:http://publicdomainq.net

古川さんには、10名の部下がいますが、成績がよくなくても、けっして怒ったりけなしたりしないそうです。とにかく褒める。

でも、根拠なく、ばく然と褒めても心にはひびきません。

部下が営業から戻ってくると、「今日もダメでした~。4万円しかできなくて」

「どれ、日報を見せてみろ」その日のお客さまの数字を、ひとつひとつ確認します。

そのなかに、ひとつだけ「1万円」という数字が目につく。

「お!これスゴイじゃん。どうしたんだ?」とたずねます。

すると弾んだ声で、「ええ、〇〇町から乗せたお客様が高速で△△まで行ってくれって」と答えます。

「おお、そうか、よかったな。スゴイじゃん」と褒める。ここですかさず、「名刺ちゃんと渡したか」と聞きます。

「はい」

「電話がかかってきたらいいな~」

「はい」

たった一言で、元気を与えられるのです。

つまり、「いいところ探し」をするということですね。

ダメな人は、ダメな人たちのグループに入っているそうです。

ダメな人たちは「そんなに頑張ってどうするんだ」と、デキる人たちを小バカにしてなにもしないでサボっています。

「近距離ばっかりだ」とグチを言う人のなかにいては、いつまでも成績はあがりません。

思いきって、デキる人たちのグループと話をする。

デキる人は必ずアドバイスをしてくれるといいます。

たったそれだけで、自分が変わるから不思議です。

_______

心がほっとするいい話

志賀内泰弘 著

イースト・プレス