生きとし生けるもの

生きる いいため話
画像:http://publicdomainq.net

野に咲くタンポポでさえ

詩人の魂をふるいたたせ

一匹のこおろぎでさえ

病める人の心を癒す

五体に障害を持つ人も

その微笑みで 人の心を照らし

そのまなざしで 愛を伝えることができる

生きとし生けるもの そのすべてには

授かったいのちの輝きと役割がある

たとえ何もできなくとも

微笑むことはできる

たとえ貧しくとも

謙虚な生き方はできる

それだけでも立派な奉仕なのだ

授かったいのちの尊さに目覚め

あなたなりの生き方で

生きた証の

美しい花を咲かせていこう

私は十七歳の時、一介の奉仕者になろうと決心して、一燈園の門をくぐった。

一燈園の創始者でわが生涯の師・西田天香さんは、無所有・無所得の托鉢生活をまっとうされた人である。

入園した若い私に、

人間は偉くならなくていい

人間は立派にならなくていい

人間はお役に立つ人になることである

と諭して下さった。

それ以来七十年、まだまだいたらない私だが、師の教えのような生き方をされておられる多くの方のご縁をいただき、励まされお育ていただいてきた。

『生きるんだよ』春陽堂