心に響く言葉や気になる表現があると

banner02
猫 いいため話
画像:http://publicdomainq.net

私は日ごろから、心に響く言葉や気になる表現があると、メモをしておきます。

そして、それらの言葉を届けたいと思う人を想定して、一筆せんに綴ります。

それはもはや習慣。

書き出した一筆せんのストックが増えるのに比例するように、素早く的確に自分の思いを綴れるようになりました。

それは初対面の方への準備の役割にもなっています。

私はお会いするのがわかっている方は、ホームページやSNSなどをチェックして、相手に相応しいひと言添えを持参していますが、情報が不足している場合には、ストックしてある「ひと言添え」から、誰もが心惹かれる、笑顔あふれる、テンションが上がるものを選択して、一筆せんにしたためます。

これまでお渡ししたひと言添えのなかでも、無難で喜ばれたのは、

「お会いできるのを、心待ちにしておりました」

「お会いできるのがうれしくて興奮。今日は寝不足です」

出会いの喜びを素直に表現したひと言添えです。

受け狙いは、見破られます。

受け売りの言葉では、薄っぺらい印象を抱かせます。

言葉遣いや敬語など、日本語には決まりも多いですが、まずは出会いを前にした率直な気持ちを1行書いてみましょう。

あとは、相手のフルネーム(わからなければ「大切なあなたへ」でもいい)、あなたのフルネーム、日付を書けば終わりです。

「大切なあなたへ

お会いできるのを心待ちにしておりました。

2018年1月8日     臼井由妃」

どうですか?思わず笑みがこぼれるでしょう。

_______

心を添える一筆せん。

臼井由妃 著

現代書林「元気が出る本」出版部