「和」が大切である?

banner02
和 いいため話
画像:http://publicdomainq.net

聖徳太子が示している通り、人間社会において「和」が大切であるということはよくわかりますが、なかよく、なごやかに接するためにはどうしたらいいのでしょう。

ヒントは『論語』の中にあります。

弟子の子貢が孔子にたずねました。「先生はいろいろなことをおっしゃっていますが、一言で教えてください。一生実行していかなければならない心構えは何ですか」

孔子は答えます。

「其れ恕か(それじょか)」

「それは恕である」ということです。

恕とは会意文字(すでにある漢字の意味を二字以上あわせて一字とした漢字)で、心の如しという意味です。

誰の心かというと、相手の心、第三者の心のことです。

つまり「恕」とは、人の立場に立ってものごとを考えること、おもいやりのことなのです。

広い心で相手をゆるす、という意味でもあります。

_______

人間関係をよくする気づかい術 東洋思想に学ぶ

広瀬 幸吉 著

東京書籍