汝、なぜかなぜかと問いかけることなかれ

banner02
スポーツ いいため話
画像:http://publicdomainq.net

聖書の中に「汝(なんじ)、なぜかなぜかと問いかけることなかれ」という言葉があります。

よく相談や質問をされる方は、「なぜ、なぜ」とおっしゃいますが、問いかけた瞬間に、問いや相談の形をとって、その現象を否定しています。

「なぜこんな病気に?」。

それは「病気が気に入らない」と言っています。

「なぜ夫がゴルフばかり?」。

「それはゴルフ好きの夫が気にいらない」と言っています。

自分の身の回りで起きていることについて問いかける必要はない。

それはそれでよし、と「受け入れる」。

「タ行 たんたん

ナ行 ニコニコ

ハ行 ひょうひょう

マ行 もくもく」

で生きていくと楽なのです。

《今現在、取り囲まれている状況をすべて受け入れる。現在も受け入れる。そして未来のことも全部受け入れる。そうやって、受け入れて感謝に変わった瞬間に、宇宙全部があなたを全面的にサポートする方向で動き出します》

《自分の口からでてくる言葉は、「言えば言うだけもう一度それを言いたくなるような現象が降ってくる」というのが、宇宙の法則です》

『宇宙を貫く幸せの法則』致知出版社