人生思い通りになったら

子供 いいため話
画像:http://publicdomainq.net/

苦しいこと、つらいこと、いやなことがまったくなく、

人生を思いどおりにすごすことができたら、

さぞかし幸せだろうな、と私たちは思うときがあります。

ところが、そんな人生を送れる人は一人もいません。

とくに親は、わが子にそんな人生を歩んでほしいと望みます。

それは、親として自然な願いです。

しかし、親がわが子が苦労しないように計らいすぎると、

子どもはわがままになり、ひ弱になってしまいます。

思いどおりには生きていけないこと、

むしろ苦しいこと、

失敗すること、

恥ずかしい思いをすること、

格好悪い体験をすることなどが、

人間の成長には大切なのだということを、

私たちはわかっていなければなりません。

~~~

出典

[ありがとう、あなたが私の子でいてくれて]

鈴木 秀子 著

サンマーク出版 より