言葉遣いはことのほか大切

banner02
言葉 いいため話
画像:http://publicdomainq.net

人生で、言葉遣いはことのほか大切だ。

使い方一つで人生が180度変わる。

この事実に私たちはどこまで気づいているか。

レディーガガがタイでの公演中に、ツイッターで「偽物のロレックスを買うわ」とつぶやいた。

この発言を一部のタイ人が「わが国を侮辱している」と怒り、タイ当局はアメリカ大使館に抗議する騒ぎにまで発展した。

彼女は冗談のつもりだったろうが、ちょっとした一言がこんな大事になるのだ。

就活の面接でも、言葉遣いは決定的な意味を持つ。

容姿や表情、態度などで第一印象をよくしても、受け答えでミスしたら、とても合格はできない。

ケンカのときに、興奮して、つい地を出してしまう人もいる。

お金持ちの令嬢とつきあっている男がいた。

彼はどうしても彼女を手に入れたくて、とくに言葉のやりとりには慎重を極めた。

だが、あるとき怒りのあまり思わずいってしまった一言、「テメェ」がすべてをおジャンにしてしまった。

政治家は失言で政治生命を失うこともあれば、経営者も不祥事の際に「知らなかった」といって退陣に追い込まれるケースもある。

何気なく発した自分の一言が、意図を超えて独り歩きし、悪く受け取られたり、批判の対象にされる。

「そんなつもりで、いったのではない」

いくら弁解しても、一度口から出た言葉は、もう元には戻せない。

ネットのブログで、 些細な批判を受けた男が、ムキになって相手を罵倒する言葉を使ったところ、その男をよく知る人間から思わぬ過去をバラされて、会社をクビになった例もある。

いくら気をつけていても、一度発信してしまった言葉は、全世界に拡散してしまう。

写真や身元が特定できる場合、世界のどこから誰が何をいってくるかもわからない。

思えば恐ろしい時代になったものである。

こんな時代に必要なことは何か。

言葉に関する感性を磨くこと。

語彙を豊富にすること。

言葉の基本的効用をよく理解しておくことである。

といって、これらのことは一朝一夕には身につかない。

とりあえず、以下の三点に配慮することだ。

●相手が誰であれ、まずしっかり聞く

●目上には、肩書や力関係がどうあれ敬語を使う

●目下であっても丁寧語で話す

この三原則を守りつつ、言葉遣いの辞典的な本を一冊座右に置いて、少しでも疑問があったら調べること。

また先輩、後輩、同僚の言葉遣いを観察して、豊富な事例を頭に入れ、できる人の真似をすることだ。

真似の仕方は「要点だけを取り入れ、あとは自分なりに」というのではダメ。

言葉磨きというと、その方面のマュアル本を買ってきて学ぼうとする人が多いが、「見よう見まね」こそが、最高の学び方なのだ。

なぜか。

思い出してほしいのは、赤ん坊のとき、どうやって言葉を覚えたかということだ。

大人のしゃべる言葉の見よう見まね、しゃべる真似で覚えていったのではなかったか。

あの習得方法が最高なのである。

「布地は染め具合で、酒は香りで、花は匂いで、人は言葉遣いで判断される」(フランス の詩人ポール・ヴァレリー)

『「人間的魅力」のつくり方』三笠書房