いいエネルギーの作り方

パソコン いいため話
画像:http://publicdomainq.net

最大の技は、他人の幸せを祈ること。

これでいっぺんに運が良くなる。これは、頼まれていないから効く。

義務感があったり、自分のためにやろうと思ってやっては効果がない。ご利益を求めてもだめだ。

正解は、自分にはあり余っているエネルギーがあるから困っている人にあげるという意識――繁栄も、豊かさも、成功も、幸せも、自分と共にあると信じている「我」がいる。

彼は気の原理を知っていた。

エネルギーフィールドでは、外側のフィールドのほうが、内側のリアリティ・フィールド、つまり肉体より断然大きい。

外側の大きいフィールドにネガティブがあれば、内側にある肉体・心は影響を受け、病気になったりする。

逆に外側のフィールドにポジティブエネルギーが注ぎ込まれオーラがきれいになると、体と心の状態は良くなっていく。

これがエネルギーフィールドという考え方で、大きい場のエネルギーのほうが強いという考え方である。

パワースポットなどは、大自然のほうが大きいわけだから、自分より大きい場を意識し、そこに包み込まれる一体感を持てば、そこからエネルギーが勝手に流入してくるようになる。

結果として、自分が必死で頑張らなくても、自分の都合のいい状態になる。

仕事が入ってきたり、お金の問題が解決されたりする。

だから気の悪い雑踏で、不幸な人たちのために祈るという高いエネルギーの場をつくれば、逆に抜群にエネルギーの量を吸収できる。

気は無尽蔵にあるわけだから、気を彼らに送れば送るほど、自分の場に気が大量に入り続け、大きな気の交流が行われる。

良い人たちに、良いことを、良い場で願っても、大きなエネルギーの交流はない。

そういう人はもともと良いエネルギーを持っているわけで、あまり変化はないだろう。

マザー・テレサに向かって「幸せになってね!」なんて祈るようなものだ。もちろん悪いことではない。

_______

あなたは私 私はあなた

清水義久 (語り)山崎佐弓 (聞き書き)

風雲舎