愛するということは、単なる熱情ではない

banner02
愛 いいため話
画像:http://publicdomainq.net/

女子学生たちと五十年以上接していて気がつくことは、この年頃の人たちの多くが、愛に必要なのは、すばらしい対象に出会うことだと考えていることです。

それも決して間違いではないのですが、その対象が「すばらしさ」を失った時にも、果たして愛し続けることができるかどうか、ここに「愛の本質」が問われています。

健康だった相手が病気になってしまった時も、前途を嘱望(しょくぼう)されていた相手が挫折にあった時にも、その人を愛し続けることができるかどうかは、私たちが自分の中に、「愛する力」を養い育てているかどうかに、かかっているのです。

エーリッヒ・フロムが『愛するということ』という本の中で、「愛するということは、単なる熱情ではない。それは一つの決意であり、判断であり、約束である」ときびしい言葉を述べているのも、この愛の本質を指摘したものと言えるでしょう。

ふだんからピアノの練習もせずに、立派なピアノを見つけさえすれば、上手に弾けると思ったり、絵を描く練習もせずに、ひたすら美しい景色を探している人にも似て、ふだんから「愛する」練習をしないで、すてきな人との出会いを待っていては、いけないのです。

愛する力を育てるためには、まず私たちが毎日の生活の中で「当たり前」と考えていることや、人、物を「有り難い」と、感謝の気持ちで受けとめることが大切です。

マイナスの価値しかないと思えることや、不幸、災難、苦しみにさえも意味を見出して、これまた「有り難い」と感謝できる時、私たちは愛すべきものを随所(ずいしょ)に持ち、愛し難い人さえも、その人の存在そのものの価値を認める、愛深く幸せな人間になれるのです。

『幸せはあなたの心が決める』PHP研究所