斎藤一人「そのままの自分でいいんだよ」

banner02
クリスマス いいため話
画像:http://publicdomainq.net

この世の中にはね、ざっくり分けると《立派タイプ》と《すごいタイプ》の人がいるの。

この2つのタイプはぜんぜん生き方がちがうんだよ。

《立派タイプ》というのは、「私は英語が苦手なのでがんばって勉強します」とか、「遊びに行くのはやめて年中無休で仕事をがんばります」とかって、いちいち立派なことを言って生きている。

そして、やりたくないこともムリして、がんばってやっちゃうタイプ。

もう1つの《すごいタイプ》というのは立派に生きることができないの(笑)。

立派に生きるとこわれちゃうんだよ(笑)

《すごいタイプ》は、自分のできる範囲内のやれることをやる。

そして、やりたいことを1個やって、やりたくないことを1個やめる。

とにかく、真面目に生きててきげんが悪いなら、不真面目でも明るい笑顔できげんがいいほうがよっぽどいいんだよ。

そう思ったら月1回は映画を観に行こうとか、年に1回は海外旅行しようとかって、やりたいことをやっているほうが、いつもごきげんだし、うまくいくんだよ。

それでしあわせに向かっていくのが《すごいタイプ》の生き方なの。

《立派タイプ》は、できないことをできるようになろうと、いっしょうけんめい努力する。

ところが《すごいタイプ》は努力しない。

その代わり、できる人にお願いするの。

《すごいタイプ》は、上に立てば立つほど力を発揮する。

なぜかっていうと、《すごいタイプ》とは“他力(たりき)”なの。

その逆に、他力はいけないとおもって、何でも自力(じりき)でやろうとするのが《立派タイプ》なの。

だけど、エジプトのピラミッドだろうが、万里の長城だろうが、自力でできたものなんて1つもないんだよ。

ぜんぶ他力なの。

この世の中というのは、自分ががんばってできることは、せいぜい人の倍。

ところが、他力を集めると、1000倍でも1万倍でもできるの。

オレは人生でこんなにもすごい成功をおさめたけれど、自分でやった努力は1%以下かもしれない。

いろんなものはひらめきでくるけど、このひらめきですら他力なんだよ。

ただし、他力だけで生きようとおもっても、人はだれにでもホイホイと他力を出してくれるわけじゃないんだよ。

だって、人のためになにもしないヤツのために、やってやろうなんて気が起きるわけがないんだよ。

人はだれでも、そういうヤツはキライなの。

だから、笑顔で「ありがとう」「感謝しているよ」って言う。

そして、自分が得意なことはやってあげる。

そうやって助けたり、教えたり、補いあっているから、自然と他力が集まってくるんだ。

21世紀は「魂の時代」だから、頭で考える《立派タイプ》よりも、ハートで考える《すごいタイプ》のほうが、なぜかうまくいくんだよ。

仕事がうまくいかない、人間関係がうまくいかない、人生がうまくいかないという人は、頭で考えちゃっているの。

ここで特別の「1%の努力で100%の効果を出せる」すごい人の極意を教えるよ。

1%の努力ってなんだとおもう?

たった2つのことなんだよ。

1つ目は、顔に愛嬌(あいきょう)があること。

2つ目は、人から愛されることを、言葉にして言っていること。

なんですかっていうと、笑顔でいるとか、愛想がいいとか、人の肩の荷がおりることを言うとか、人が喜ぶようなことを言うとか、そういうことだよ。

それで、この「1%の努力」だけは、絶対に自分がやるしかないの。

『斎藤一人 そのままの自分でいいんだよ』(宮本真由美)PHP研究所