なりたい自分になる7つのステップ

banner02
ロリ いいため話
画像:http://publicdomainq.net

検索して、答えが、すぐにわかる。

それゆえ、望みも「すぐに」かなわないと、満足しない。

待てない。

できるだけ、すぐ欲しい。

そうでないと、無意識にイライラしてしまう・・・。

ところが、「すぐにかなわない」ことには、実は、便利なこともある。

なぜなら、私たちは「本当に欲しいものが、欲しい」ですから。

ゴミ屋敷って、見たことありますね。

あれは、「すぐ」社会の産物だと思います。

本当は何が必要なのかを、じっくり考えてみなかった。

そうではなく、「欲しいかもしれないもの」を、手っ取り早くあれこれ買い込んできたら、いつのまにか、大量の山になってしまった。

そんな山を目のまえにして、どれを捨てていいのか、どれを残していいか、わからない。

だって、「本当に」欲しいものは何なのか、自分でも、わからないのだもの・・・。

とはいえ、ゴミ屋敷なら、モノが目に見えているから、わかりやすいですよね。

「ああ、やっちゃってるな」「なんとかしなくちゃ」と、理解できたりする。

ところで、この経験からわかるのは、「買えるもの」「手っ取り早く手に入るもの」と「本当に欲しいもの」は、実は、微妙に違うということ。

時間の中におとずれる経験や、人との縁も、これと似ています。

どれも、あなたの時間をふさぎ、占めます。

それゆえ、本当に欲しいものではないものを、たくさん抱え込んだりするなら、縁の規模が大きくなればなるほど、困りごとも大きくなる。

だから、一瞬にしてかなわないこともまた、恵み。

_______

なりたい自分になる7つのステップ

藤沢優月 著

ディスカヴァー