お坊さんにならう

banner02
仏教 いいため話
画像:http://publicdomainq.net/

平成二〇年に亡くなられた、曹洞宗大本山永平寺の貫首であり、曹洞宗の官長でもあった宮崎奕保老師が、あるときテレビに出てこんなお話をされていました。

「手洗いから出るときに、自分のスリッパを揃えるのはあたりまえ。

他の人が使ったスリッパが斜めになっていたら、何とも思わず直しなさい。

他人のスリッパが曲がっているのを、そのままにしておけるのは、あなたの心が曲がっているからです」

要するに、他人のものであっても、乱れているものを見たら、何も考えずに直しなさい、ということです。

見たら直す、ただそれだけです。

実際に掃除をするときには、きれいにしようとか、汚れているからとか、自分のものだとか、他人のものだとかは考えずに、ただひたすら目の前のものの掃除をするのです。

何事においても、そのとき自分がやっていることと、ただ一つになる。

すると、結果的に「心配り」が生まれるのです。

_______

お坊さんにならう こころが調う 朝・昼・夜の習慣

平井正修 著

ディスカヴァー