長い目で見て人を喜ばせる

banner02
喜び いいため話
画像:http://publicdomainq.net/

「『お客さんを喜ばせる』んと、『お客さんが求めるものを、何も考えず与える』んはちゃうんやで」

ガネーシャは続けた。

「たとえば、子どもが『甘いものが欲しい』言うから甘いものを与え続けたら、その子どもは虫歯になったり、身体が丈夫になれへんかったりするやん。

それは長い目で見たらその子を喜ばせることになれへんやろ」

そしてガネーシャは言った。

「自分の仕事がほんまに人を喜ばせるためのものかどうかは、『そのサービスを自分の子どもに買ってほしいか』が一つの基準になるかもしれへんな。

もし自分の子どもに自分の売ってるものを買ってほしないなら、人を喜ばせるために仕事をしてへんかもしれへんで」

(なるほど・・・)

私はガネーシャの話に深く考えさせられた。

本当に相手のことを考えるとしたら、自分の売っているものでも「これ以上買ってはダメだよ」と言うべき場面もあるのかもしれない。

しかし、儲けを増やすことだけを考えていたら、そういう発想は生まれないだろう。

_______

夢をかなえるゾウ3

水野敬也 著

飛鳥新社