「諦」は、「悟る」ことと同じ意味

banner02
諦める いいため話
画像:http://publicdomainq.net

「あきらめる」は、「諦める」と書きます。

「諦」は、「悟る」ことと同じ意味です。

ふだん使う「断念する」意味ではなく、「つまびらかに見る」「明らかに見る」、仏の智慧を表します。

明らかに見るときに一番大事なのは、「苦しい」「つらい」という感情を抜きにして、事態を正確に判断できるか。

そして、問題は自分の中ではなく、人との「間」にあると気づけるかです。

人が直面する問題のほとんどが、人との「間」に存在します。

「私の問題」とは、他人と一緒に織った織物のようなものなのです。

その証拠に、この世に自分ひとりだったとしたら、悩むことはないでしょう。

他人がいて、自分がいる。

その間にはストーリーが生まれ、人は喜怒哀楽を感じます。

そしてそこに執着し、いつまでも反芻し続けます。

しかし、そのストーリーとは、自分自身の「記憶」にすぎません。

自分のつくった物語だけを見て、苦しい感情にどっぷりつかる前に、問題を解決するには、他人との関係を組み替えることだと見極める必要があります。

_______

禅僧が教える 心が楽になる生き方

南直哉 著

アスコム