【驚愕】小林正観「どんな病気も伝染る」

banner02
画像:http://free-photos.gatag.net/

いまから七、八年前、夫婦で病院を経営している外科医の方が、このようなことを言いました。

「患者さんが来て、その患者さんを見ていたら、その家族が解るようになった。

不平、不満、愚痴、泣き言、悪口、文句を言っている患者は、その家族も病気を抱えている例が多く、家族全員に疾患がある。

友達として付き合っている家族で、ひとりも病人がいない家族は、家族全員誰も具合が悪いところがない。

家族の中にひとり病気の人がいると、その家族じゅうすべて体が悪いということに気がついた」

家の中で不平不満、愚痴、泣き言、悪口、文句、罵詈雑言、言い争いをしている家族は、全員の具合が悪いということです。

それはなぜかというと、いつも闘っているからです。

五戒を言えば言うほど、生きているのが悲しい、辛い、嫌だと言っているようなものです。

愚痴や泣き言を言って、スッキリしているつもりかもしれませんが、それを聞いている体は「そんなに生きているのが嫌だったら、早く死んでしまいましょう」と反応していきます。

みんながニコニコとしていて、口から出てくる言葉は、嬉しい、楽しい、幸せ、愛している、大好き、ありがとう、ついてる とお互いに言い合っている家族というのは、病気をしにくいようです。

常に喜び、幸せ、感謝の見方をして、肯定的な見方をしている人は、「生きているのがそんなに楽しいのなら、もっと長生きしちゃいましょう」と体が反応していきます。

引用:「笑顔で光って輝いて」
小林正観 著
実業之日本社