プラス思考の一つの危険な兆候

banner02
幸せ いいため話
画像:http://publicdomainq.net

最近のプラス思考には一つの危険な兆候が見られる。

それはプラス思考が一貫していないことである。

好ましい状態ではプラス思考で考えるが、

悪いことが起きるとそれをやめてしまう。

それでは少しもプラス思考にならない。

本当のプラス思考とは、とくに悪い出来事に遭遇したような時、

それをプラスに考えていくことなのだ。

試験に落ちたり、病気になったり、リストラされたり、

だまされたりした時、プラスには考えにくい。

だが、どんなに結果が悪くても、

プラス思考だけは絶対に変えてはいけない。

人生は個人の思惑をはるかに越えている。

だから、がっかりしたり悲しんだり、諦めたりしないで、

「必ずよくなる」と考え続ける。

それがプラス思考の真骨頂と言っていい。

~~~

出典

[人生、逆転の法則 ここだけの100話]

川北 義則 著

三笠書房 より