「優しさ」とは何でしょうか?

banner02
笑顔 いいため話
画像:http://publicdomainq.net/

「優しさ」とは何でしょうか。

「優しさ」というのは、力の強い立場にある者が、例えば親が強い立場にあって、弱い立場の子供に「権力を行使しない」ということです。

会社で言えば、上司が、部下に対して強い立場にあって、その強さを行使せずに、同じ目線で同じように話す、というのを「優しい」と言います。

ですから、「優しい上司」という言い方はしますが、「優しい部下」という言い方はしません。

次に「業(ごう)」について考えてみます。

「業」というものは、若い頃、幼い頃、平社員の頃のように、力を持っていないときには出てはこないのですが、それが年を経て強い立場になったときに、突然、弱い立場の者に対して、その力をふるいたくなる。

それを「業」といいます。

ある人が、この業を持っているかどうかは、その人を実際に強い立場に立たせてみないとわからないのです。

ここが、業というものの、面白くもあり悲劇的でもあるところです。

「業がほとばしる」というのは、例えばこんなことです。

■結婚をしたら、夫が突然、婚姻届けという紙切れ一枚で、急に偉そうになってしまう。

結婚したら、夫が豹変してしまった、なんて話をよく聞きます。

人が、子供に対して業が深い威張り方をするかどうか、それはその人が圧倒的に強い立場にある親というものを、実際にやってみないとわかりません。

自分を見つめなおしたときに、「優しさ」が出ているでしょうか、それとも「業」が出ているでしょうか。

私がここで「業」について書いているのは、それが、意外と自分では気づけないものだからです。

だからここで、皆さんが事前に学んでおけば、いつか「業」が出そうになったときに、ハッと気がつけるかもしれないと思ったわけです。

業は「業の真っ只中にいる人」にはわかりません。

入口に差しかかっている人には、まだ、わかるのです。

半分くらいは、元に戻れる可能性が残っています。

だから、外から見ていて「ああ、業が出てきたかな」という人に言ってあげるのは良いでしょう。

けれども、業の真っ只中にいる人には、いくら言ってあげてもわかりません。

特に、ワンマンで、剛腕な社長は、それで過ぎてきてしまっているから、今さら自分で直そうとは思わないのです。

しかし、それを続けていくうちに、だんだんと自分の周りから人がいなくなってしまいます。

人間は、上手くいっていないときには、罠が仕掛けられていないのですけど、上手くいっているときには、実は、罠が仕掛けられているのだ、ということを覚えておいてください。

今までは、穏やかな人格だった人が、何か重たいものを抱え込んでしまって、猪突猛進して生きていくと、周りの人をつらくしてしまうのです。

周りの人がつらくなると、だんだん、人が離れていきます。

「敬して遠ざく」

ということです。

尊敬はするのだけれども、近寄りたくなくなるというふうになってくるわけです。

皆から「くだらない奴だ」と言われている間は、業は、顔を出してはこないのです。

成功して、あなたは、すばらしい人であるとか、すごいとか、役に立っているとか、賞賛を浴びるようになったら、必ず業の芽が現れてきますから、注意しなくてはなりません。

皆さんも、自分の子供に、何か才能があって、上手だねとか、すてきだねとか言うのは良いのですが、同時に、

「その道で売れたときには、威張ってはいけないよ」

と、くれぐれも、若い頃から、繰り返し、繰り返し、何度も言っておいてください。

業が芽生えなくてすみますから。

『楽しい子育て孫育て』Gakken