やばい老人になろう

banner02
老人 いいため話
画像:http://publicdomainq.net

2017年4月10日、僕は65歳になった。

ほとんどの人は、死を恐れ、老いることを恐れるものだ。

だが僕はむしろ、死を素直に受け入れ、どのように老いていくかを真面目に考えつづけてきた。

僕は、いったいどんな「じじぃ」として、生きるべきなのか。

そう暗中模索しているうちに、ふと、周りから「ヘンなじじぃ」と呼ばれたいと思うようになった。

「フツー」ではなく、あくまでも「ヘン」がいい。

自分の子供を育てるときに心掛けてきたのも「フツーはダメ」ということだった。

子供がちょっと変わったことをしたときも「すごい!ヘンでいい」と褒(ほ)めてやった。

「良いヘン」と「ダメなヘン」があることは教えたが、「フツーはダメ」ということだけは徹底してきた。

だから、自分もまた老人として「ヘンなじじぃ」であり「やばい老人」でありたいと思うのだ。

老いを恐れる人は、たぶん人生と真剣に向き合って生きてこなかった人だ。

だから歳を取ると、後悔や不安でいっぱいになる。

だが、これまで一瞬一瞬を精一杯に生き、一所懸命に努力をしてきた人にとっては、老いることは怖いことでも悲しいことでもないはずだ。

そもそも「じじぃ」には、選ばれた人しかなれないものだ。

僕の同級生でも音楽仲間でも、「こいつがじじぃになるのが楽しみだな」と思うような奴が、思いがけなくガンで早く死んだりしている。

そう思うと「じじぃ」になるのは、ありがたいことなのだ。

僕が憧れる「じじぃ」、それも「やばい老人」の条件は三つある。

その一 「知識が豊富」

その二 「どんな痛みも共有してくれる」

その三 「何かひとつでもスゴイものを持っている」

僕の周りには、幸せなことに、そんな「じじぃ」や「ばばぁ」がたくさんいる。

彼らに追いつき追い越すためには、まだまだ僕自身の経験値も実績も足りない。

どうしたら「ヘン」で「やばい」と言われる「じじぃ」になれるか。

毎日が挑戦の日々である。

『やばい老人になろう』PHP研究所