恐怖のとりこに陥ったとき

banner02
旅 いいため話
画像:http://publicdomainq.net

≪恐怖のとりこに陥ったとき≫

恐怖の大半は「自分」が作り出している。

「もし、こうなったら」「このままだったら」

人は現実を突きつけられたら、自分でも驚くほどの力を出して挑む。

恐れの感情とは、まだ起きてもいないことをどんどん肥大化させている感情である。

そんな時は、「これ以上悪くはならない。今はどん底だ」と思うこと。

≪健康が宝、最大なる武器≫

あなたにたずねたい。

「一番大切なものは何か」と。

それがわかっていれば、どんな困難にも立ち向かっていける。

私は「健康」と答える。

どんなことがあっても、何が起きても「健康」という宝があれば乗り越えることができるのだから。

あの劣悪な状況においても私はくじけなかった。

そのためにも、日々、自分の健康には心がける。

生きる上での最大なる武器は「健康」。

≪最大なる味方は「笑う」≫

「笑う門には福来たる」という。

私はこの「笑う」ことで助けられた。

慰めも、励ましも、弱気になる時、なった時、支えになる。

しかし、それ以上に私の味方になってくれたのは「笑う」ことだった。

「笑う」これだけで萎えた心が鼓舞されるのだから。

「笑う」それは、神・降臨の光なのかもしれない。

_______

生きる

小野田寛郎 著

PHP研究所