ある男がある小さな町に、引っ越そうかと考えながらやってきた。

banner02
引っ越し いいため話
画像:http://publicdomainq.net

ある男がある小さな町に、引っ越そうかと考えながらやってきた。

彼はそこのガソリンスタンドで

「ここにはどんな連中が住んでいるのかね」とたずねた。

「そうですね、あなたの町に住んでいらっしゃるのはどんな人たちですか?」

係員はオイルを点検しながら、こう聞き返した。

そこで男はソーダを一口飲むと

「みんな、頑固で意地悪で嘘つきだよ」と答えた。

すると、係員は顔をあげて

「きっと、ここの人たちにも同じような思いを抱かれるでしょう」と答えた。

数週間後、品のよい男性がそのガソリンスタンドにやって来て、同じ質問をした。

「おうかがいします。

私はこの町に引っ越そうと考えているのですが、

こちらにはどんな人たちが住んでいるのでしょうか?」

係員はやはり同じように、

「そうですね、あなたの町に住んでいらっしゃるのはどんな人たちですか?」とたずねた。

その男性は一瞬考え

「みんな親切でまじめで正直な人たちばかりですよ」

と答えた。

係員は顔を上げて

「きっと、ここの人たちにも同じような思いを抱かれるでしょう」と言った。

ここに真理がある。

人は自分の探しているものを見つけるものなのだ。

~~~

出典

[まじめに生きることを恥じることはない]

ジョン・ウッデン 著

ディスカヴァー・トゥエンティワン より