口を開けば不平や不満、人の批判や悪口ばかり

banner02
不満 いいため話
画像:http://publicdomainq.net

口を開けば不平や不満、人の批判や悪口ばかり。

こうした人が幸せになることはありません。

インターネットなどで無責任な誹謗中傷(ひぼうちゅうしょう)を書き込む人も目立ちますが、バッシングをして憂(う)さを晴らしているつもりでいるとしたら大間違いです。

陰陽師(おんみょうじ)が人を呪い殺すときに、墓穴を二つ用意していたというのは有名な話。

自分の行いは、ブーメランのように自分のところへ戻ってくるという意味の「因果の法則」を理解していたのでしょう。

日本には昔から「罰当たり」という言葉もあります。

言葉にはエネルギーがあるのです。

たとえば「いってらっしゃい」には相手を守るパワーが、「おかえりなさい」には相手を癒すパワーがあります。

逆にネガティブな言葉を発すれば、相手を傷つけるだけでなく、自分の波長を低めることにつながります。

「どうでもいい」といった投げやりな言葉が口癖だという人も用心が必要です。

言葉はあなたの思いの表れ。

発する言葉が今のあなた自身を如実に表しているのです。

その言葉はいずれ行動となります。

そして、その行動すべてが自分自身に返ってくるのです。

幸せとなって返ってくるのか、それとも不幸となって返ってくるのか。

言葉は人を不幸にもすれば、幸せへと導いてもくれるのです。

『幸せになる100か条』徳間書店