素直に「助けてください」といえる人

banner02
自信 いいため話
画像:http://publicdomainq.net

僕はしょっちゅうではありませんが、「自分はダメな人間だ」とへこむことがあります。

へこむとは、「素直に自分を見つめる」ということかもしれません。

へこむことのよい点は、「ダメな自分」や「ブレる自分」を認めることです。

じつはアルコールやギャンブルなどの依存症の人には、へこむのを隠して、“強がる”人が多いことが知られています。

困難に直面したとき、素直に「助けてください」といえる人なら、アルコールやギャンブルなどに溺れなくてすむかもしれない。

でもそれがいえないために苦悩を抱え込み、アルコールやギャンブルに逃避するのです。

元プロ野球選手の清原和博氏は、まるでプロレスラーのように筋肉を鍛え、強そうに演じてきました。

バッターボックスに入るときも長渕剛の曲「とんぼ」をかけ、ピッチャーを威嚇(いかく)するようでした。

いつも強いイメージを演じていたけれど、じつは弱い人だったのだろうと思います。

弱いということを素直に見せていれば、あんなに異常に筋肉を鍛えなくてもよかったはずなのです。

イチロー選手を見てください。

筋骨隆々ではありません。

弱そうで強い体をつくってきました。

清原氏は、鎧(よろい)のように強そうな外見(そとみ)だけに目を奪われていたのです。

彼が内面の強さの大事さに気がついていれば、もっと素晴らしい記録も残せただろうし、薬物依存に陥ることもなかったはずです。

それでも、人間に手遅れなんてありません。

問題は清原君、君がまず、自分を疑う勇気をもつことです。

僕も偉そうなことはいえません。

でも、まずは疑うことから始めてみたらどうでしょう。

そして、自分を変える勇気をもち続け、いつか、自分を壊す勇気に到達できたとき、君は新しい清原和博になることができます。

「自分革命」には遅すぎることはありません。

いつでも熱い言葉をきっかけにして、自分の人生の革命はできるのです。

人生に手遅れなんてありません。

「遊行(ゆぎょう)」です。

死んだ気でやればいいのです。

弱くて強いという“本当の強さ”の形もあることを、忘れてはいけないと思います。

不思議な無手勝流(むてかつりゅう)です。

へこたれることの繰り返し。

でも、へこたれても、へこたれても自暴自棄にならず、あきらめない。

風にそよぐ葦(よし)のように、やわらかくて簡単には折れない人なのです。

強くなくていいのです。

やわらかく、風になびいていればいいのです。

必ず、逆風はやみます。

「へこんでみる」とは自分の弱さに気づくこと。

弱さを隠さなければ、素直に自然に生きられます。

依存症の人に限らず、苦しくなったときには強がらず、泣きたいときには泣くこと。

そうやって感情を開放すれば、人は立ち直り、のびのびと生きられるはずなのです。

『遊行を生きる』清流出版