「間違った思い込み」を捨てるにはどうすればいいか

banner02
思い込み いいため話
画像:http://publicdomainq.net/

かつてブッダが、チュンダという名の修行僧に、こう語ったことがあります。

「間違った思い込み」を捨てるにはどうすればいいかという問いに、こう答えたのです。

「それではチュンダよ、このように考えて、自らを戒めよう。

荒々しい言葉を語る人もいるかもしれないが、わたしは荒々しい言葉を語らないように努力しよう。

自分の考えに囚われる人もいるかもしれないが、わたしは自分の考えに囚われないように心がけよう。

間違った理解や思考を手放せない人もいるかもしれないが、わたしは正しい理解と思考が身につくように頑張ろう。

見栄やプライドにこだわる人もいるかもしれないが、わたしは見栄やプライドから自由でいられるように精進しよう。

自分をよく見せたがる人もいるかもしれないが、わたしはありのままの自分で生きていくように努めよう」

ブッダの考え方のポイントは、「世間にはこういう人もいるかもしれないが、わたしはこうしよう」と、他人と自分との間にきっちりと線を引いていることです。

「人は人。自分は自分」という明確な境界線を引くのです。

この考え方ほど、大事なことはありません。

世の中はたしかに、判断好きな人がいます。

しかし、自分も同じことをする必要は、ありませんよね。

_______

反応しない練習

草薙 龍瞬 著

KADOKAWA