学ぶ心に火をともす

banner02
花嫁 いいため話
画像:http://publicdomainq.net/

子どもというのは、私たちが思う以上に、大人のことをよく見ています。

私たちが思う以上に、「この人は自分たちと真剣にかかわってくれるか」「見てくれているか」ということを品定めしているのです。

私は廊下で子どもたちと会っても、日常的に自分から挨拶します。

素っ気ない反応の子もいます。

ポケットに手を突っ込んだままだったり、首を少しうなだれるだけだったり。

でも、気にしません。

声もかけます。

「風邪をひかないようにね」とか「最近どうだい?」「行事のこと、よろしくね」などなど。

とにかく、できる限りかかわりを持つようにしています。

子どもたちだけではありません。

教員たちも同じです。

校長の私が見ていることが伝われば、次第に態度が変わってきます。

(中略)

子どもたちがこちらを見ていてくれることを信じ、こちらも子どもたちを「見守っているよ」というメッセージを絶やさない。

教師と生徒は、互いに、「見て/見られて」の関係かもしれません。

これは、親子でも変わらないと私は思います。

いや、お互いあまり近くにいすぎてふだんは忘れていますが、親子関係こそ、もっとも身近な「見て/見られて」の関係でしょう。

口やかましく叱ったところで、子どもは大人の思うようには動いてくれません。

それよりも、大人は子どもを見守る。

そして、見守っていることをつねに示す。

そうすれば、子どもとの信頼関係は自ずと生まれてくると思います。

_______

学ぶ心に火をともす 8つの教え

武内 彰 著

マガジンハウス