自分の心の渇き、愛への渇望

banner02
渇望 いいため話
画像:http://publicdomainq.net

自分の心の渇き、愛への渇望は、

いかに望んだとしても他の誰かによって満たして
もらえるものではありません。

他に向けて満たしてくれ、愛してくれと願い続ける限り、

心はいつまでも渇きにもだえ苦しみ続け、

求め合う者同士の間に、情熱と裏腹なアツレキを
生じさせ続けてしまうのです。

己の心の渇きを満たすのは、

実は自分自身である。

そう決心したとき、人は誰かを愛するということの本質に、一歩も二歩も近づき、

より豊かな愛への歩みを始めることができます。

~~~

出典

[「自分を信じる」ただそれだけでいい]

金盛 浦子 著

大和出版 より