斎藤一人「道端のウンコ」

banner02
カッパ いいため話
画像:http://publicdomainq.net/

一人さんがしてくれるお話に、「道端のウンコ」の話があります。

「なぜか道端で見つけたウンコばかりに気を取られる人がいるの。

ウンコの色がどうの、ウンコの形がどうのって、ああだこうだ言うけど、ウンコはどうでもいいの。

道端には、きれいなお花も咲いているの。

それなのに、なぜかウンコのことばかり見ているの。

あそこにウンコが、ここにもウンコが、って言ってるよりも、あそこにきれいな花が、ここにもきれいな花が、って言っているほうが、幸せになるんだよ。

道端のきれいなお花を見て、幸せだなあ~を連発すると、本当に幸せになるんだよ」

こんなイヤなことが、あんなイヤなことが、って文句ばかり言うよりも、こんないいことが、あんないいことが、って楽しいことを考えるほうが、楽しいですよね。

楽しいことを考えると、楽しい波動が出る。

自分で自分の機嫌をとって、自分自身が楽しく幸せであれば、その楽しさに共鳴して、楽しい仲間は自然に集まってくるんです。

_______

斎藤一人 大開運 人生を楽しむ仕組み

斎藤一人 著

千葉純一 著

Gakken