インドでは恩を「クリタジュナ」と言う

banner02
インド いいため話
画像:http://publicdomainq.net

あなたが産まれたとき、ご両親もはじめて親になります。

あなたが3歳なら、親御さんも親としてはまだ3歳。

あなたが成人してはじめて、親御さんもあなたの親として成人する、ということです。

自分を産み育ててくれた親も、縁起からするとあなたと同じ年齢です。

親だからといって万能な人はどこにもいません。

悩み、苦しみ、喜びながらあなたのそばで生きてきたとても身近な人なのです。

お釈迦さまは、自分がこの世に生まれる縁となっただけではなく、育てて一人前にしてくれた父母を敬う大切さを説いています。

(中略)

インドでは恩を「クリタジュナ」と言いました。

「なされたことを知る」というのが語源です。

自分がご両親からどんなことをしてもらったか。まずは思い出してみましょう。

仏教での恩は「返す」より、まずは「知る」ものです。

そもそも、人は人に完全な恩返しをすることはできません。

これまでかけてもらった愛情も時間もお金も、そのまま返すことはできない。

それに、ご両親もそれを望んではいないでしょう。

それならば、いまのあなたができる形で、身近な方に振り向けてみてください。

パートナーやお子さんなど、身近な方を大事にしましょう。

_______

小さな心から抜け出すお坊さんの1日1分説法

彼岸寺 著

永岡書店