自我と無我

banner02
無我 いいため話
画像:http://publicdomainq.net

もしあなたがすべてを手放し全くリラックスするなら、それは悟りだ。

つまり本当のあなたにたどり着いたということだ。

ブッダはそれを無我と呼んだ。

そう、「何もない」ということだ。

すべては多くのものが寄り集まっているだけで、何の実体もないということだ。

そして、このエゴがすべての欲望の源だ。

エゴがあるとき、欲望がある。

欲望があるとき、時間が立ち現れ、計画があり、ゴールがあり、行動がある。

時間があるとき、不安があり、希望がある。

成功したい、ゴールを目指したいというとき緊張がある。

なぜなら、成功するためには今のままの自分ではだめだからだ。

もっと頑張らなくてはならない。

この一連の原因と結果の連鎖を、ブッダは縁起と呼んだ。

「これがあるとき彼があり、彼がないときこれもない」と言われるものだ。

_______

最後の質問

源 喜三太 著

たま出版