ひまわりが咲くたびに“ふくしま”が輝いた

banner02
ひまわり いいため話
画像:http://publicdomainq.net

『一杯の豚汁』

3月14日。

炊き出しボランティア3日目。

大震災から4日目の夜、僕の人生観が大きく変わる出来事が起こった。

昼間から準備していた1200人分の豚汁を作り、皆に配給していた。

正直、僕も料理人のはしくれだから もっと豪華なものを提供したいと思ったけど、1200人分の食材を考えると、こんなもんしか出来ない・・・。

ちょっと申し訳ないくらいに感じてた。

殆ど肉の入っていない“豚汁”という名の野菜スープ。

僕の列に並んでくれた人に次々に豚汁を配っていると、その婆ちゃんは僕の前に現れた。

「おい兄ちゃん、オレの家は津波で流されちまったんだ。

爺ちゃんも何処かさいっだがねぇ。

もう、なにもかも無くなっちまったからよ、豚汁、大盛にしてくれ。

それくらいしてもらってもバチ当たらんべよ」

正直、一瞬、悩んだよね。

なんか気難しそうな頑固婆ちゃんって感じだったし・・・。

かわいそうだけど、一人だけ大盛を認める訳にはいかないから、

「みなさ~ん。すみませーん。

このお婆ちゃん、津波で家やら全部流されちゃったみたいで~

かわいそうだから、特別に豚汁大盛でよそってあげても良いですかぁ~」

僕はありったけの大声で、後ろに並んでいる人達に聞いてみた。

ちょっとふざけた感じでね。

そしたら・・・なんと、みんな笑顔で一斉に首をタテに振りはじめたんだ。

僕は驚いた。

正直予想外だった。

だから、僕も満面の笑みで「これでもかよっ」てくらい、なみなみと豚汁を注いであげたんだ。

「ほいっ、おまたせ!超大盛の豚汁だよ!」

そう言って、ふとその頑固そうな婆ちゃんの顔を見ると、満面の笑みで、穏やかな顔で、でもちょっと涙目で・・・。

「おう。兄ちゃん、あんがとよ、この豚汁1杯でよ、全てチャラにしてあげるわ。

オレの財産全部と豚汁、交換だな。

また明日から元気で生きるべ。」

そして、最後にこう言ってくれた。

「震災あったけどよ、兄ちゃんと出逢えたから・・・良がった」

その瞬間!なんかもう僕は無我夢中で、婆ちゃんに抱きついていたんだ。

「絶対頑張んべな! 婆ちゃんありがとう。

ありがとう、頑張んべな!!」

そう言って僕は婆ちゃんとハグしながら号泣していた。

婆ちゃん、僕の方こそ婆ちゃんと出逢えて良かったよ。ありがとう。

_______

ひまわりが咲くたびに“ふくしま”が輝いた!

NPO法人 チームふくしま 著

半田真二 文

ごま書房新社