山岡鉄舟「修養訓」

banner02
憂鬱 いいため話
画像:http://publicdomainq.net/

晴れてよし 曇りてもよし 不二の山

もとの姿は かわりざりけり

(晴れていても曇っていても、富士山は変わらぬ元の通りの姿のままそこにある)

これは誰が詠んだ歌か実は分かっていないのだが、鉄舟先生が三島の龍澤寺に参禅をしているときに、ふっと口から出た悟りの歌として知られている。

(中略)

歌にあるように、曇って見えなくてもそこに富士山はある。

見えないからといってなくなるわけじゃない。

いつもと変わらず、そこにある。

よく「自分探しの旅」とかいうけれど、どこかへ探しにいったって自分は見つからない。

あるいは「自分を見失う」ということを我々はよくいうし、そういう状態に陥るときも実際にあるけれど、朝から晩まですべてのことは自分自身がやっているのである。

「ふと我に返る」という言葉もある。

これは、ある瞬間に「なんでこんなことをしたんだろう」とか「なんでこんなことを言ったんだろう」と気づくことだ。

そういう「なんでこんなことを・・・」という状態を「自分を見失っている」というのだろうが、そういうときも常に自分は自分とともにあるのだ。

それをしっかりと体得する。

そして常に自分と一体となっていく。

もし自分自身を見失ったという状態になったとしても、そこで「自分というものは常に自分と共にある」とわかっているのといないのでは大きな違いがある。

_______

山岡鉄舟 修養訓

平井 正修 著

致知出版社