自分の子供を信じていると思う…

banner02
親子 いいため話
画像:http://publicdomainq.net

むかし、孔子のお弟子に曹参(そうさん)という孝行者があった。

ある日のこと、母がはたを織っていると、使いのものがかけこんで、

「もしもし、大変です。曹参が人を殺しました」という。

母はふり向きもせず、「そんなことはありません。きっと人ちがいです」こういったまま はたを織っていた。

しばらくすると、二度目の使いが来た。

「もしもし、大変です。曹参が人を殺しました」

母は最初と同様、顔いろも変えず織りつづけた。

あれほどの孝行息子が、そんなことをするはずがないと信じきっていたのである。

それからまたしばらくして、三度目の使いが来た。

「大変、大変、大変でございます。曹参が人を殺しました。それで、たった今、役人につれてゆかれました」

曹参の母もこの急報にはおどろいた。

杼(ひ)を投げ、垣をこえて走っていった。(杼というのは、はたを織るとき、横糸を通す道具)

幸いなことには、同名異人の曹参であった。

しかし、母は泣いた。

あれほど信じていたわが子をさえ、三度の告げにあえば、杼を投じて走った心を恥じた。

_______

楽園

後藤 静香 著

善本社より