求めなさい。そうすれば与えられるであろう。

banner02
キリスト いいため話
画像:http://publicdomainq.net/

たしかにキリストは、

「求めなさい。そうすれば与えられるであろう。

捜しなさい。そうすれば見出すであろう。

叩きなさい。そうすれば開かれるであろう。

だれでも求める者は受け、捜すものは見出し、叩く者は開けてもらえるのである」

とおっしゃっています(ルカ11・9-10)。

でもこの言葉には、求めたそのものが与えられると約束されていませんし、捜したそのものが見つかるとも約束されていません。

むしろ、その後に、

「子どもが魚を求めているのに、魚の代わりに蛇を与える父親が、いったいいるだろうか。

また、卵を求めているのに、さそりを与える者がいるだろうか。

このように、あなたたちは悪い者であっても、自分の子どもたちには、良いものを与えることを知っている。

まして、天の父が、求める者に聖霊をくださらないことがあろうか」(ルカ11・11-13)

と続く言葉があって、求めたものの「代わりに」何かをくださる可能性があることが示唆されています。

祈ることはたいせつなことです。しかしながら「願う前に、その必要とするものを知っておられる」(マタイ6・8)天の父は、人間が願ったことをそのまま叶えることをもって、ご自分の、その人に対する愛の証しとはなさらないようなのです。

なぜならば、私たちはいつも、“欲しいもの”を願っているからであり、神様が私たちに叶えてくださるものは、“必要なもの”だからだと思います。

_______

どんな時でも人は笑顔になれる

渡辺 和子 著

PHP研究所