自分の人生、つまんないな

banner02
つまらない いいため話
画像:http://publicdomainq.net

「自分の人生、つまんないな」「オレって、ついてないな」といってた人でも、人を喜ばす人生を歩きだすと、展開がすごい違ってきちゃう。

人生が急に輝きだす、っていうのかな。

たとえば、前に、若い男の子で「自分と仲よくしてくれる人がどこにもいないし、世の中、つまんない」っていう人がいたんです。

ところが、人を喜ばすことをやりはじめたら、会社やなんかで、仲よくしてくれる人が出て来て、毎日「楽しい、楽しい」っていいだしたの、その子。

しばらくしたら、仲のいい人と一緒にサークルに出かけるようにもなって、そこでも人に喜ばれてて「自分は幸せだ」って。

もっと驚いたのは、最近やけに顔がイキイキ輝いて、カッコよくなってきたから「なんか、いいことあったのかい?」って聞いたら、「サークルで知り合いになった女性に告白されて、今、つきあっているんです」って。

その子のことを見てて、私、思うんだけど。

よくね、定年退職だとかで、ずぅーっと家にいて、テレビを見て一日すごしてるような人に、周りが「こいいうサークルがあるから、行ってみれば」とかっていうんだけど。

サークルに出かけたとしても、結局、行かなくなっちゃうと思うんです。

だって、出かけていっても、そこで、自分がなにをしていいのかがわからない。

そうすると、そこもやっぱり、楽しくないんだよ。

だから、そういうサークルに行く前に、ふだんの生活のなかで、なにか一つ、人を喜ばせることをしてみると、いいかもわかんない。

それで、人を喜ばすって、みんなが思っているほど、難しいことじゃないんだ。

たとえば、女性に「いつも、キレイだね~」って、いってあげたっていいし。

外で食事をしたとき、お店の人に「おいしかったよ」というのもいい。

友だちやなんかと会ったら、「あなたと会えて、うれしいよ」とか。

会社に行ったら、上司や社長に「この会社で働けて、私はついてます。感謝してます」とか。

そういう言葉をいっても喜ばせることができるし、字を書いても喜ばせられる。

なおかつ、それをやっている自分自身が、スゴく楽しいんだよね。

だから、「人を喜ばせるんだ」ってことを、自分の趣味かなんかにしちゃうと、いいかもわかんない。

私自身は、人を喜ばせる以上の楽しみは「ない」と確信しているんです。

実際に自分がやってみての感想だよ。

神がくれた、本当の楽しみ。

だと、私は思ってます。

『斎藤一人 愛される人生』KKロングセラーズ