渡辺和子「どんな時でも人は笑顔になれる」

banner02
心 いいため話
画像:http://publicdomainq.net/

「子どもがあの学校に合格しますように」

「病気がなおりますように」

「あの会社に就職できますように」

と、私たちは祈ります。

ところが、子どもは不合格、病気はなおらない、就職も行きたいところに行けなかった、ということはよくあることです。

「神も仏もあるものか」と言いたくなるのは、こういう時です。

ところが、実は、「求めること、捜すこと、戸を叩くこと」もたいせつですが、それに応じて与えられるものを謙虚に“いただく心”のほうがよりたいせつなのです。

激しく求めただけに、その求めたものが与えられなかった時の落胆、探しものを見つけられなかった時の失望には、計り知れないものがあります。

でも、そういう切なさ、つらさこそが、実は人間が成長してゆく上で「本当にたいせつなもの」「必要なもの」だったのだと、いつか必ず気づく日があるものです。

『どんな時でも人は笑顔になれる』PHP