死神というのは、なぜ「神」という字が付いているのだろう

banner02
死神 いいため話
画像:http://publicdomainq.net/

「死神」というのがいます。

この死神というのは、なぜ「神」という字が付いているのだろう、という話です。

皆さんが思っているような、薄汚れた着物を着たり手にかまをもっていたり、あれは本当の死神ではありません。

あれは妖怪とか、もののけとか悪魔とか、そういうのと一緒にしています。

本当の死神とはいうのは神様なんです。

ひとつの天使と言ってもいいんです。

なぜかというと、人間は過去を引きずって生きています。

小さいとき失敗した、親に怒られた、いろんなことを引きずって生きています。

その引きずっている過去から切り離してくれるのが、実は最後の神様なんです。

これはどういうことですかというと、例えばあなたが、「一ヶ月の命だ」「今日一日の命ですよ」と言われたとします。

もし今日一日の命だとしたら、「行きたいところに行こう」それから愛する人に「お世話になりました」と言おうとか、そういうことになります。

死ということを考えると。

親もずっと生きていると思うんじゃなくて、いつ死んじゃうかわからないと思うと、「ご飯のひとつも食べさせたいな」「おすしでも食べさせたいな」「あんな貧しい中から自分のことを良く育ててくれたな」とか、いろんなことを思います。

それと、私は仕事をしていて、いつも死というものを考えます。

ひとたび死というものに会うと、どんな会社をつくり、どんな財産をつくり、どんなに土地を持っても一瞬にしてなくなります。

そうすると、人間って何をするべきなんだろう。

ただ、ただ、死を恐れるんじゃなくて、死というものがあるんだと考えただけで、そんなにごうつくばりみたいなことしなくたっていいんだ、今、幸せじゃないかと、それから、人が喜ぶ講演会でもやったほうがいいんじゃないか、と思います。

人は死というものを恐れて、毛嫌いして生きてたけど、それは悪魔がそう思わせるんです。

死神が取りついて自殺しちゃったとかというのもあるけど、それは寿命が来る前に勝手に死んだ人にとりつく「もののけ」か「悪魔」です。

人は、死んでまた生まれ変わり、何度も生まれ変わりするものだから、その迎えに来てくれる死というものを、怖いものだ怖いものだと思わせようとするのは悪魔の仕業なの。

それより、もしかしたら自分もいつ死ぬかわからない。

そして相手も、目の前にいる人も、いつ死ぬかわからない。

でも、いらいらしてガガガッと「おまえなんか大嫌いだ」と、ほんとうは愛している人に言っちゃうこともあるの。

でも、そのまま相手が死んじゃったら、あいつに何てことを言ったんだろうって、逆に言うと、自分が死んじゃったら、自分はすごく子どもやなんかを愛したのに、「ほんとはおまえなんか大嫌いだ」って言っちゃった。

その日に自分が死んじゃったら、自分は何て思うだろう。

そういうことを考えただけで、人はまともに愛の道に戻れるの。

『地球が天国になる話』KKロングセラーズ