泣ける2ちゃんねる

banner02
泣ける いいため話
画像:http://publicdomainq.net/

私が父親と2人暮らしをしていた頃の話です。

うちの父親は酒癖、女癖、ギャンブル好き、と好き勝手三昧の父親でした。

もちろんそんな父親に母親は愛想を尽かし離婚。

父親はいつも夜遅く帰って来てまして、食事はいつも1人で食べていました。

そんな事が続いていたあるとき、学校で運動会の季節になりました。

そのような行事のとき、いつもは母親が来てくれるんですが、前日に急な用事で来れなくなってしまいました。

運動会当日、朝起きて父親が大いびきをかいて寝ているのを横目に私は学校へと向かい、その途中コンビニで昼食を買っていきました。

そしてお昼になり周りの友達がみんな家族のもとへ楽しそうに食事をしに行くのを見て、私はどこか人目のない所で食べようと思い場所を探そうとしていた時です。後ろから誰かに肩を掴まれました。

後ろを振り向くと近所に住む友達でした。

家の環境も知っており私も一緒に食べようと誘ってくれました。

私はいわれるままにその家族と食事を共にしました。

その友達の両親兄弟の団らんの中で食事するのは、ちょっと気が引けましたが・・・そして家に帰ってみると、父親はまだ寝ていました。

まぁ普段からこんな父親だったので、特に腹も立ちませんでした。

そして夕食を食べようとリビングに行った時です。

手作りの弁当と水筒が無造作に置かれていました。

私は母親がもって来てくれたのかと思い電話で確認しましたが知らないといいます。

私は腑に落ちず中身を見てみると、とてもじゃないがおいしそうとはいえない弁当でした。

私はそこでやっと気がつきました。

父親が弁当を作ってくれていたのです。

その後分かったことですが、父親は母親が運動会に来れないのを知り、なれない手で弁当を作ってくれていたのです。

そして私の運動会に来てくれたのですが、私が友達の家族と食事をしているのを見て、自分の作った弁当を持っていって自分が出て行ったら私が恥ずかしいと思ったそうです。

私はそのことを知り涙が出てきました。

そして父親が作ってくれた弁当を食べている間も涙が止まりませんでした。今まで私のことをなんとも思っていないと思っていたのに。

そのときの父親の弁当は忘れることができませんでした。

_______

泣ける2ちゃんねるⅢ

佐々木 大柊 監修

コアマガジン