夜のクヨクヨより、朝のクヨクヨ

banner02
くよくよ いいため話
画像:http://publicdomainq.net

私は「夜のクヨクヨより、朝のクヨクヨ」を提案しています。

夜、悩みはじめてしまうと「この世の終わりだ」と落ち込んでしまうようなことってありますよね。

そんなときは、どんな出来事に直面しても、「朝クヨクヨしよう」と決めてしまって、夜はさっさと寝て、悩みを朝にもち越します。

すると「なんでこんなことで悩んでたのかな?」と不思議に思えてくるのです。

たとえば、仕事で大きな失敗をしてしまったとき。

家までの暗い帰り道で、「ああすればよかった」「こうすればよかった」とため息をつくことは誰にでもあります。

私の経験では、夜、失敗についてクヨクヨ考えていると、「私は悪くない」「上司だってあんな言い方しなくてもいいのに」「どうして私っていつも失敗してしまうのだろう」「時間を巻き戻してしまいたい」といったように、問題そのものではなく、問題の結果生まれた感情や、もう覆しようもないことにフォーカスしてしまいがちでした。

これでは、いつまでたっても成長できません。

問題を先送りするのは一般的によくないことだと思われています。

でも私は、その日に起きた問題をひと晩中クヨクヨ思い悩むよりは、さっさと寝てしまって、次の日にもち越すほうがよっぽど生産的だと感じています。

_______

朝の余白で人生を変える

池田 千恵 著

ディスカヴァー