私は30歳で結婚して、3年たってようやく生まれた長女が障害児でした。

banner02
障害 いいため話
画像:http://publicdomainq.net

私は30歳で結婚して、3年たってようやく生まれた長女が障害児でした。

娘が6年生のときのことです。

その日は運動会で、朝、妻がいつもよりニコニコしていたので、「なんか、えらく楽しそうだね」と声をかけました。

すると、妻はこう答えました。

「今日は、もしかしたらうちの娘がビリじゃないかもしれない」

娘は染色体の異常で、体の筋肉が普通の人の半分しかなくて、基礎体力も筋肉も発達していない。

だから、走るのに人の3倍の時間がかかるのです。

徒競走は小学校5年生まで、いつもビリ。

8人中の8位でした。

妻が言うには、クラスの中に一週間前にケガをした子がいるそうで、足首に包帯をグルグル巻いている。

先生が「徒競走はやめたら?」と言っても、「どうしても走りたい」とその女の子が言うのだそうです。

それで、その子と娘が最終組で走ることになった。

もしかすると娘が7位になるかもしれない。

妻はそう話しながら、楽しそうに出ていきました。

私は原稿を書かなくてはいけないので、家に残っていました。

そして夕方、妻はニコニコ帰ってきました。

「どうしたの?楽しそうだけど、7位だった?」

「それがね、やっぱり8位だったの」

「ケガをしていた女の子はどうなったの?」と、私は聞きました。

そうしたら、こういう状況だったそうです。

ヨーイドンで走り出して、ほかの6人が50mくらいの地点にいたときに、娘は15m、その子は10mくらいだった。

娘のほうが速かったのですが、その子があるところで「キャッ」と転んでしまった。

それに気づいた娘が、トコトコと逆走しまして、その子を助け上げた。

そして、その子の腕を持って、残りをいっしょに走って、ゴール手前でその子の背中をポンッと押してから、自分がゴールに入ったそうです。

それで、けっきょくビリだったということでした。

でもゴールの10mくらい前で、もう一度テープが張り直されて、会場が割れんばかりの大拍手に包まれたということでした。

妻は、とても感動的だったと言いました。

娘はというと、ビリだったのですが、帰ってきてもニコニコしながら、テレビを見ていました。

_______

神様を味方にする法則

小林 正観 著

マキノ出版